1. トップページ
  2. 医療向けシステム
  3. ADMENIC NEO
ADMENIC NEO

手術室の環境に合わせて選択・アップグレード可能なエンコーダ

HD-SDI入力端子を実装し、術野カメラや内視鏡、生体情報モニタ等の接続が可能なエンコーダです。
HDモデル4Kモデルをラインアップし、さらにHDモデルは必要な配信数を選択することができます。運用開始後もHD配信数の追加や、HDモデルから4Kモデルへの移行、HDと4Kの切替えも柔軟に行えるハイブリッドモデルです。
また、ダウンコンバート機能により、同じ映像を別解像度で配信することができ、運用用途に応じて効率よく保存することができます。

≪HDモデル≫


≪4Kモデル≫


H.265/HEVC形式を採用

主となる配信映像にはH.265形式※を採用し、既存のエンコーダ製品と比べ、約2倍のファイル圧縮率で同程度の画質を実現します。サーバー容量を圧迫せずに高効率な運用が可能です。


※ダウンコンバート映像や4画面合成映像はH.264形式です。

HD+SD映像のストリーム配信に対応したHDモデル

HDモデルは、4chのSDI入力に対応し、モデルによって1本~最大4本の映像ソースをエンコードし、H.265形式でストリーム配信を行います。サブエンコード機能により、ダウンコンバートしたSD映像(H.264形式)の同時配信が可能です。


≪HD 1chモデル≫


【特長】
・HD1ch/SD1ch配信
・4画面合成機能
・HD配信数の追加
・ローカル録画機能

 


≪HD 3chモデル≫


【特長】
・HD3ch/SD3ch配信
・4画面合成機能
・HD配信数の追加
・ローカル録画機能

≪HD 2chモデル≫


【特長】
・HD2ch/SD2ch配信
・4画面合成機能
・HD配信数の追加
・ローカル録画機能

 


≪HD 4ch/4K 1chモデル≫


【特長】
・HD4ch/SD4ch配信
・4画面合成機能
・ローカル録画機能
・4Kモードへの切替え
・12G-SD端子の増設
  • 【HD 2chモデル 使用例】

医療安全目的の映像合成に対応

ADMENIC NEOのHDモデルは、背面の3G-SDI入力端子から入力された最大4本の映像信号をHD1画面に合成※し、ストリーム配信が行えます。この機能はHD配信数に関係なく入力された映像を1画面に合成し、音声信号と共に出力する機能です。また、同時にSDI端子から映像出力されるのでモニターでの確認も行えます。


※画面レイアウトは固定です。


※画像はイメージです。

配信数の追加、4Kモデルへのアップグレードが可能

導入後に撮影環境に変化があっても、アップグレード※によって配信数の追加、4K映像配信に対応した4Kモデルとのハイブリッドタイプへの変更が可能です。機材を買い替えることなく映像配信環境を整えることができ、コスト削減に寄与します。


※アップグレードは有償です。詳細はお問い合わせください。

外付けHDD/NASに同時録画

配信と同時に本体に接続したUSB-HDD※または、NAS※にM2TS/MP4形式でファイル保存が可能です。


※USB-HDD、NASは当社推奨品をご使用ください。詳細はお問い合わせください。
※HDモデルのSD映像のローカル保存はできません。

タッチパネル録画コントローラ

コントロールは内蔵ソフト「タッチパネル録画コントローラ」にて行います。タッチパネルディスプレイ(別売)を接続することで入力映像のプレビューや録画操作などが行えます。また、4Kビデオカメラシステム「MEC-7000-UHD」のカメラコントロールやオプションで各社スイッチャ※の制御が可能です。


※対応機種、詳細はお問い合わせください。

記録映像を簡単に視聴

USB-HDDやNASに記録した手術映像は、視聴・管理アプリケーション「ADMENIC Browser5」をインストールしたPCで行うことも可能です。

術野映像の撮影に最適な「MEC-7000-UHD」

3軸雲台一体型の4K術野カメラシステム「MEC-7000-UHD」をラインアップしています。自然でなめらかな超高精細画質を実現したプログレッシブ60Hzの信号による4K解像度(3840×2160)により、超高精細な術野撮影をサポートし、フルHD映像へのダウンコンバート機能により、HDモードのADMENIC NEOでも高品質な映像配信を実現します。


→「MEC-7000-UHD」詳細はこちら