1. トップページ
  2. 映像・放送機器
  3. MEDIASYNERGY FCS
MEDIASYNERGY FCS

InterBEE ONLINE

高品質なビデオ制作と高効率なワークフローを両立

MEDIASYNERGY FCSはファイルベースのエンコードを行うWindows用ソフトウェアです。
高速処理、マルチエンコード処理、ウォッチフォルダ機能、メール通知機能などのエンコード作業をスムーズにする機能を有しています。
MEDIASYNERGY FCSをインストールした変換サーバーを編集環境と同じネットワーク上に設置することで、編集後のエンコード処理などを変換サーバーで行うことができます。これにより、編集PCがエンコード処理に占有されることがなくなり、継続した編集作業が可能です。

各種入出力フォーマットに対応

H.264、MPEG2、HEVCのファイル入出力が可能です。また、フォーマット変換だけでなく、フレームレート変換、アスペクト変換などにも対応しています。

高速な変換処理が可能

H.264形式に変換する場合、エンコーダをIntel® Quick Sync Video(QSV)、NVIDIA® NVENC、ソフトウェアエンコードから選択できます。オプションのプラグインを追加することで、無変換での高速出力にも対応します。

ウォッチフォルダ

指定したフォルダにエンコード設定を行うことで、自動的にバッチトランスコードを行う環境が構築できます。ウォッチフォルダにファイルが保存されると、エンコードを行い、指定したフォルダに保存、またはFTPサーバーにアップロードします。 複数のエンコード設定を割り当てることもでき、ひとつの映像ソースから複数のフォーマットを作成できます。

エンコード詳細設定

ビデオやオーディオに関するエンコードプリセットの管理やウォッチフォルダの管理などは「MEDIASYNERGY FCS Config」で行います。解像度やビットレートの設定はもちろん、ウォーターマークの埋め込み、チャンネルマッピング、カット編集に起因するオーディオノイズを回避するためのオーディオレベルのフェードインフェードアウト設定、異常が発生した際のメール通知など、運用に合わせた設定が可能です。

エンコード状況をモニタリング

エンコードの進捗状況の確認やエンコードの一時停止・中止などの操作は「MEDIASYNERGY FCS Encode Monitor」で行います。複数のジョブが登録された場合は、各ジョブのエンコード優先度を5段階で設定でき、緊急性のあるジョブに対して最優先で実行することもできます。変換サーバーが複数ある環境では、それぞれの状況のモニタリングも行えます。

編集システムと連携

別売のカット編集ソフト「ClipCutter」の外部エンコード処理に対応しています。編集PCは、エンコード処理に占有されることなく、編集作業を継続して行うことができるので、速報性の高いニュースサイト向けの映像制作に最適なシステムが構築できます。



カット編集ソフト「ClipCutter」エデット画面